ウェア類

【カジュアル服もあるよ】気持ち悪いと言わせないロードバイクの服装を考察

  • ロードバイクを始めたけどサイクルジャージか普段着か迷う
  • サイクルジャージが楽と聞くけど、恥ずかしい
  • サイクルジャージは体のラインが出るから抵抗がある

ロードバイクに乗る時、どんな服装が良いか迷いませんか?多くの方は体の線が出るサイクルジャージを着用していますが、はじめたばかりだと抵抗がありますよね。

そこで、この記事ではロードバイクに乗るときのベストな服装について解説します。

結論としては、「乗り方に合わせて選ぶ」です。その乗り方も合わせて解説します。

乗り方に応じてなので、体にピッタリとした服装もあれば、カジュアルな服装もあります。今後ロードバイクを楽しむ上で自分にとって最適が何かが分かるようになると思うので是非とも御覧ください。

乗り方に合わせた服装がベスト

ロードバイクに乗っている方々を見ると、体にピタっとした服装の方が多いのは事実です。

ですが、結論としてはロードバイクの乗り方に合わせ、それに応じた服装が一番楽で楽しく走れます。乗り方の例は次の通りです。

レース・ロングライドスピードや距離を追求する時は体にフィットしたサイクルジャージがおすすめ
サイクリング・ポタリング空気抵抗が少なく速乾性のあるカジュアルな服装が快適
通勤・通学仕事着などお出かけ服でOK

もう一点大切なことがあります。それは、他の人がどんな格好で走っていようとあまり気に留めてないことです。人の服装を見ても「ふうん」という程度なのが現状です。自分が一番気になるのは自分自身。他の人はあまり気にしてないことを認識すると、もっと気楽に服装を考えることができます。

とはいうものの、

ロードバイクをよく知らない人が、ロードバイク乗りのことをどう思っているのか?

について知識もあると、人にロードバイクのことを知ってもらったり、自分のことを分かってもらう時など、意図せず自分の言動で相手から引かれたりすることがなくなります。

それを踏まえて紹介していこうと思います。

最も楽に速く走るには、体にフィットした服が良い

ロードバイクは、長い距離を速く走る為に特化した自転車です。そのために自転車のフォルムは細く、空気抵抗を少なくしたデザインになってます。重量も極限まで軽くなっています。

そんな自転車に、おしゃれ服で乗ったらどうなるでしょうか。

自転車が空気抵抗が少なくても、乗る人に空気抵抗がある状態では思ったほどスピードは出ません。

速く走るには、体にピタっとしたサイクルジャージの方が空気抵抗が少なくて楽に走れます。そして、速乾性に優れたウェアの方が汗をかいたときにすぐ乾いて快適です。

おしゃれで空気抵抗も少ないオススメのサイクルアイテム4選

ロードバイクを始めると最初に立ちはだかるのはサイクルジャージ着用の壁です。ピチピチした服がどうしても恥ずかしいと思うのです。

締まった体であれば、体のラインが出る服の方がかっこいいと思えることもあります。しかし、ロードバイクをはじめた当初は残念ながら締まってない体のことが多いのです。

ですがご安心を。おしゃれなでいて空気抵抗の少ない服装を選ぶこともできます

キノコにならないヘルメット

ヘルメットは自転車に乗る時に必ず被るアイテムです。被った時のシルエットがキノコっぽいことで敬遠する方もいます。そうならない代表的なヘルメットメーカーを1つご紹介します。

それは、OGKカブトのヘルメットです。

マットなデザインのロードバイクのヘルメットとは少し違うデザインの取り揃えがあります。こちらはキャンパスアーバン。

従来デザインのヘルメットもあります。ですが、OGKカブトのヘルメットは5,000円相当から購入できてリーズナブル。それでいてデザインはかっこいいと定評があります。

もう少し予算に余裕があるとバイザー付のヘルメットもあります。バイザー付は最近の流行でもあります。顔をすっぽり覆うのでアイウェアを忘れても安心です。

後ろポケットが便利なゆったりサイクルジャージ

サイクルジャージはピタッとした印象がありますが、ゆったりとしたデザインのものもあります。体にフィットした方が動きやすく空気抵抗も少なくて良いのは間違いないのですがピチピチが嫌いな人はどうしてもいます。

そんな方には、以下のようなゆったりジャージはいかがでしょうか。常に前傾姿勢になる最クリストにマストアイテムの後ろポケットも欠かさずにおしゃれにライドできます。

≫ サイクルジャージをワイズロードで見る(女性向けもたくさんあります)

ピタッとしすぎず、しかし機能的なサイクルパンツ

サイクルジャージでは、ピタッとしたレーシングパンツが多くの方で抵抗があります。体のラインがでてしまうのが恥ずかしいと思ってしまいます。

レーシングパンツはお尻にパッドがあり長時間走行もへっちゃらです。体にフィットすることで空気抵抗を極限まで低くしています。とは言え初めてには受け入れ難いものがありますよね。

そんな時には次のようなストレッチパンツがお勧めです。体にフィットする一方で過度に体のラインを出しません。

ショートパンツ

七分丈パンツ

これから始めるなら、少しゆったりとしたパンツの方が過度に体のラインを気にせず安心です。

スネを出すならすね毛処理もした方が良い

夏の暑い日などは、ハーフパンツの方が涼しく快適です。しかし、特に男性はスネ毛が気になります。ロードバイク乗りはすね毛を処理した方が良いでしょう。9割の方はすね毛処理をしているというアンケート結果もあります。

多くの方は、夏場になると剃っているようです。

剃る理由が見た目という意見もありますが、空気抵抗を減らすためにすね毛を剃るという方も実は多いです。

剃るのが面倒だったり、日焼けが怖いという方にはロングパンツもおすすめです。肌触り、通気性が良くて着ていてもムレない素材のものが人気です。例えば次の商品です。

よみ
よみ

無理に剃らなくてもロングパンツを履けば解決だよ!

いしやん
いしやん

僕はロングパンツ派です。

すね毛対策よりも1年目に日焼けがヒドかったのが理由かな。

カジュアルとは言え、普段着そのままは意外と走りにくい

ロードバイクに乗る服装は、普段着で乗ることも可能です。しかし、ズボンの裾がチェーンに触れて黒くなったり、汗をかいても乾きが悪く不快になったりと意外と走りにくいです。

上記のようにご紹介した通気性のある服装で、好きなデザインのものに乗ることが自転車を楽しく乗るコツとなります。

ロードバイクをよく知らない方の中には気持ち悪いと思う人もいます

ロードバイクを知らない方は、ロードバイク乗りをどのように見ているのかをご紹介します。若干、前章までの内容が被ることをご了承ください。

ロードバイクに夢中になってくると初心を忘れてしまう方が多いです。ロードバイクを知らなかった頃の常識がロードバイク乗りの常識に上書きされてしまうことで、ロードバイクに馴染みの無い方の常識が理解できなくなるのです。

ロードバイクを初めて目にする方は、かっこいいと思う方がいる一方で、ピチピチはダサい・キモい・恥ずかしいという印象を持っている方も多いということは忘れてはなりません。

かくいう私もダサいと思っていたひとりでした。

サイクリストの格好が気持ち悪いと感じる5選

ヘルメットを被るとキノコに見えてダサい

ヘルメットは安全の為に必ず被るべきです。(法律上は、何故か大人は被らなくても罰せられないことになってますが、安全上必ず被るべきと考えてます)

ヘルメットの顔のシルエットからキノコと揶揄されます。それはヘルメットの方が頭よりサイズが大きいのでどうしてもキノコヘッドになりがちです。

おしゃれなヘルメットもあるので、それを選んでいきましょう。
≫ キノコにならないヘルメット部分へ飛ぶ

サイクルジャージが体にフィットしすぎてキモい

サイクルジャージは空気抵抗の低減を考えられて作られてます。そのため体にフィットされています。体のラインがでてしまうのですが特に気になるのがレーパンです。

レーシングパンツのことで、タイツを履いたかのようになります。その形状に特に男性の方がキモいと称されることがあります。

ピッタとしすぎないパンツもあるので、初めての方はストレッチパンツを選んで行きましょう。
≫ ピタッとしすぎないパンツへ飛ぶ

すね毛がキモい

特に男性の方が必然的に多いのです。すね毛問題です。すね毛対策には次の3つがあります。

  • 剃る
  • 脱毛する
  • ロングレーパンを履く

剃る場合は、剃り時を見極めないといけません。剃った後は毛がなかったかのようにツルツルになります。しかし、しばらくすると生えてきます。その生え始めの毛先が鋭く毛穴が炎症を起こすことがあります。

足を出すのであれば、脱毛の方が良いかもしれません。しっかり脱毛するにはそれなりのコストがかかります。お金に余裕のある方は人生を楽しむ意味もこめて脱毛をやってみるのもよいです。

お手軽でリーズナブルな方法はロングパンツを履いてのライドです。
≫ すね毛処理の箇所に飛ぶ

100キロ走ったことをマウントアピール

自転車はで走る限度の距離は何キロ?

そう聞かれると、ロードバイクなどスポーツバイク乗りの方と一般の方では回答がわかれます。一般の方では、2~3キロ、多くて20キロ程度ではないでしょうか。

ところが、ロードバイクなど普段乗っている方は平気で100キロ、200キロ中には1000キロとおっしゃる方がいることでしょう。

それもそのはず、ロードバイクは長距離を楽に速く人力で進むための自転車です。丸一日乗るのも有りです。

問題は、100キロ、200キロの回答に麻痺してしまうことです。

一般の人が受け取る印象はドン引きです。ロードバイク乗りはその反応にも慣れてますが、その優越感の裏には、相手はかなり引いている。ちょっと遠い存在になったということを忘れてはなりません。

ノーパンが常識は一般には非常識

ロードバイクに乗る時、多くの方が愛用しているレーシングパンツ。レーシングパンツの下はノーパンが当たり前です。その方がペダリングしやすく擦れて痛くならないからです。

女性の方では、さすがに抵抗があり薄いショーツなどを着用される方も多いようです。とは言え、通常はノーパンという心得はあるようです。

しかし、それを知らない一般の方にとっては、下着を履かないなんてびっくりします。そして想像してしまいます。この時点で一歩退くことになります。

無理をせず乗り方に合わせてロードバイクを楽しもう

今日は、ロードバイクの服装について解説しました。最も楽に走れるのは体にピタッと張り付くデザインのサイクルジャージとレーシングパンツです。

しかし、最初はどうしても抵抗があるので、なるべく空気抵抗の少ない普段着に近い格好で乗るほうが良いです。最近は自転車に最適なカジュアルな服も出回っているので活用していきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
いしやん
ロングライド大好きなロードバイク乗りです。 2020年・2021年は日本の有名な一周を制覇する旅「サイクルボール」の全コースを走破しました。その距離は約3000キロです。 そこで培ったロングライドを快適に走る方法や、ロードバイクの始め方など発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA