夜間走行

ロードバイクで昼間25km・夜間40kmを走る|夜間も気をつければ気持ちよく走れる

時は、2019年10月後半。少し暖かい日でした。

1時間ほどロードバイクで走って来ました。いろいろな時間帯に走りますが、意外と夕日が好きなことがわかりました。写真はその時のものです。向かって左側が夕日。夕日はきれいで心が洗い流されるようです。

f:id:ishiyan_kin:20191021084932j:plain
夕日の中をロードバイクで走る。

実は、この距離では飽き足らず、夜間も走って来ました。

もともと夜走るのが好きで、ナイトライドをよくします。

夜の写真はないですが夜は走りやすくて良いです。夜は昼間より視認性が悪く危ないので、自分を光らせる工夫をして走ってます。

仕事が終わってから走れますし、車も少なくなるので走りやすくなります。

しかし、次の難点があります。

  1. 暗いので路面状況が分かりづらい
  2. パンクなど故障した時、暗闇の中で対応できるか不安
  3. 夜間なので事故に合うリスクが高い

①、③は明るいライトをつける。反射板やテールライト等をつけるなどして予防できそうですね。

②はちょっと不安です。

まだ夜間走行中に故障したことはないですが、夜間に故障した時のよい処置方法を見つけたので記事にしました。

ABOUT ME
いしやん
ロングライド大好きなロードバイク乗りです。 2020年・2021年は日本の有名な一周を制覇する旅「サイクルボール」の全コースを走破しました。その距離は約3000キロです。 そこで培ったロングライドを快適に走る方法や、ロードバイクの始め方など発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA