いしやんロード

ロードバイクを初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報を発信します。

エントリーモデルならではのお気に入りパーツ。補助ブレーキとシフトインジケーターが便利。

応援のポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

(この記事は、2020年2月17日に追加修正されました)

 

こんにちは!いしやんです。

 

皆さん、ご自分の使っているロードバイク気に入ってますか?
いしやんは自分のロードバイクとても気に入ってます。

 

最初の頃は、ロードバイクってとても乗るのが難しいなぁ。

 

シティサイクル()の方が絶対乗りやすい。

なんて思っていましたが、毎日乗っていると自分のロードバイクが一番乗りやすく一番のお気に入りとなりました。

※婦人乗り自転車、ママチャリのことをシティサイクルということを今日知りました。

 

ロードバイクには、サイクリング用途のエントリーモデルからレースやヒルクライムに特化した上級者用まで、様々なメーカーが多種多様なモデルを出しています。

 

いしやんのロードバイクはバリバリの上級者モデル。。。ではなく、エントリーモデルです。

 

しかもエントリーモデルしかついていないパーツが付いちゃってます。

 

今日は、エントリーモデルについているお気に入りのパーツ2個
  • 補助ブレーキ
  • シフトインジケータ

についてご紹介したいと思います。

 

補助ブレーキ、シフトインジケーターについてのメリット・デメリットはどのようなものか参考になろうかと思います。

 

いしやんは、両方とも便利で気に入っているパーツです。

 

人によっては、ついているだけで初心者と思われることから、外す方もいらっしゃるようです。

皆さんのロードバイクにはついているかな?

 

 

1.補助ブレーキ

f:id:ishiyan_kin:20191102200127j:plain

メインブレーキはシフトチェンジの時に使用するシフトレバー兼用の部分ですね。

補助ブレーキは、上ハンドルに角のようについているブレーキです。

 

いしやんがロードバイクを買った頃は、「確かに他のロードバイクにはついていない。かっこわるいかも。」なんて、まだ乗ってもいないのに思っていました。

 

現在は、付いていたおかげで安心で便利だなぁと思っています。

(良い点 1)メインブレーキが壊れた時の予備ブレーキになる。

壊れ方にもよるとは思いますが、仮にブレーキワイヤーが切れてしまっても補助ブレーキの方でブレーキを掛けられる可能性があります。

 

ブレーキシュー、ブレーキワイヤーも定期交換が必要な消耗品です。

 

1セット余分についていることは安心感につながってます。

 

(良い点 2)上ハン握っている時にもブレーキが掛けられる。

ロードバイクはドロップハンドルになってます。

上ハン、下ハン、ブラケットの3つの握る位置があります。

一番力を緩めて乗ることができるポジションは上ハンです。

 

しかし、上ハンにはブレーキがないので、ブラケットに持ち替えてブレーキを掛けないといけません。

 

これが結構面倒。

 

補助ブレーキがあると上ハンのまま、ブレーキをかけられるのでとっても便利です。

街中のストップ&ゴーが多い時なんかは補助ブレーキがあると便利です。

 

最近、下り坂道を走る時も便利だということを発見しました。

自転車は自動車やバイクと違いエンジンブレーキがありません。

下り坂の制動はブレーキしかありません。

 

下り坂でブラケットを持ちながらブレーキをかける時は指2 or 3本で引きながら下ります。

長い下り坂だとかなり疲れます。

 

しかし、補助ブレーキが付いていると上ハンから指4本を使ってしっかりブレーキを掛けることができ、とっても楽でした。

 

(悪い点)アクセサリが付けられない。

サイクルコンピュータ、ライト、スマホホルダー等、上ハン位置に様々なアイテムをつけて走りを快適にします。

しかし、既に補助ブレーキがついてしまっているので、アイテムによってはつけられない時があります。

 

いしやんは、カメラのアタッチメントをつけようと思ったのですが、つけられず、あきらめてしまいました。

 

2.シフトインジケーター

f:id:ishiyan_kin:20191102200201j:plain

今何速に入っているかを示すメーターです。

シフトレバーやフロントディレイラー、リアディレイラー等、変速にかかわる部品はコンポーネント(通称:コンポ)という一纏め単位で設計されています。

 

Shimano(シマノ)製が多くシェアを持っており、日本では一般的なメーカーです。

 

コンポにはグレードがあって、上から順に 

  • DURA-ACE(デュラエース)
  • ULTEGRA(アルテグラ)
  • 105(イチマルゴ)
  • TIAGRA(ティアグラ)
  • SORA(ソラ)
  • CLARIS(クラリス)
  • TOURNEY(ターニー)

 
の8段階になっています。

 

さらに年代によって差があります。

 

いしやんのコンポは昔のSORA。

 

下から3番目です。

 

当時のモデルは105から上のグレードはシフトインジケーターついてないんですね。

年代が最新のものはクラリスより上はついてないのです。

 

残念ながら、シフトインジケーターは無くなる運命にあるようです。

 

(良い点)今何速に入っているか、一目でわかる。

シフトインジケーターを見ると、今何速に入っているかすぐわかります。

これ便利です。

 

上級グレードに乗ってる方からすると、「感覚でわかるようになれー」と怒られそうですが。笑

 

(悪い点 1)ブラケットが大きい。

インジケーターがある分、ブラケットが大きく作られてしまうようなので、手の小さい人にとっては握るのが大変かもと思いました。

 

(悪い点 2)触角がある。

シフトインジケーター付近から横にびよーんとシフトチェンジ用のケーブルが伸びています。

上級モデルではこのケーブルがバーテープの中に埋め込まれるようになってすっきりしてます。

 

このぴよーんと出たケーブルのことを形状から触角と言うようです。

どうやら、「触角がある=エントリーモデル用 or 古いモデル」の象徴のようで、触角のないモデルに乗りたい方が多いようです。

 

いしやんは触角気になりません。笑

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

今日の記事をまとめますと

エントリーならではパーツ2個
  • 補助ブレーキ(〇効率良くブレーキできる。✖アクセサリ付けれない?)
  • シフトインジケーター(〇何速かわかる、✖ブラケット大きく握りづらい?)

です。

 

 

みなさんのロードバイクには、補助ブレーキ、シフトインジケーターついてますか?

おそらく、最近始められた方には両方ついてないと思いますが、ついていた方が便利かもなんて思いませんか?

 

もし、次のロードバイクを買うようなことがあれば、シフトインジケーターは構造上無理かもしれませんが、補助ブレーキはつけてもらおうかななんて思ってます。

 

にほんブログ村に参加しています。 

今日の記事が役立った!

と思われたら以下アイコンをクリックお願いします。

読んでもらったということがわかり、とても励みになります。

↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村