ロードバイク初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報。

こんにちは。いしやんです!ロードバイク初心者です。毎日乗っている中で、学んだおすすめ情報を随時、発信していきます。

タイヤのチューブ交換。最後のカタイはめ込みを乗り越える。

こんにちは!いしやんです。

 

タイヤのチューブ交換自分でできてますか?

 

前のブログでも書きましたけど、いしやんはできます!

ロードバイクでのタイヤパンクは突如忘れた頃にやってきますからね。

 

YouTube等見れば、タイヤチューブをはずして新品チューブをセットするとこまではなんとかできるんですよ。

でもね。最後のタイヤの外枠のはめ込み。

これが大変で大変で、

 

「あれ、入らねないな。」

「固いぞこれ。無理じゃないのか」

「どうしよう。このまま入らなかったら」

 

パンク経験がない方は、不安と絶望を覚えるかもしれないし、

パンク経験がある方は、そのような思い一度は思ったはず。

 

ということで、どうしたらタイヤゴムのはめ込みを楽にできるかについて書いてみました。

 

 

タイヤ外枠は、空気弁の反対側から付ける。

いしやんは、タイヤの外枠をつける順番を逆で覚えていました。

チューブの場合は、チューブ穴に空気弁を刺しリムへ入れていきます。

 

チューブは空気弁側からやる。・・・タイヤも同じだろう。

そんな勘違いです。

 

しかし、タイヤの外枠は空気弁の逆側から付けないと、かなり苦戦するということです。

 

タイヤを空気弁の反対側から順調につけていっても、最後の外枠の15センチぐらいをリムに入れるのが大変です。ここが鬼門となります。

 

この状態からです。

 

f:id:ishiyan_kin:20191104132044j:plain

空気弁の反対側のタイヤを、リムの中央に入てあげると作業しやすくなる。

タイヤを入れてくと以下の状態になります。(下手な図ですみません。)

<空気弁反対側>

f:id:ishiyan_kin:20191104132128p:plain

 

<空気弁側>

f:id:ishiyan_kin:20191104132207p:plain



 

最初にはめた空気弁の反対側は、しっかりとはまってます。しかし、空気弁側は、最後に入れる部分のゴムが突っ張って指の力ではとても固くて入らない状態です。

 

ここで考えました。

どうしたら入るかな?

 

ゴムが突っ張っている部分に余裕を持たせることができれば、最後のタイヤの外側を入れることができます。

 

その為には、既に入っているタイヤの外側をリムの中心に落とすように手で押し込んでいきます。

 

<空気弁の反対側>

 

f:id:ishiyan_kin:20191104132538p:plain

↑指で中央に来るように周りを空気弁に向かって押していきます。

f:id:ishiyan_kin:20191104132727j:plain


 この押す作業をすると、以下のようにタイヤゴム外枠に余裕ができてくるんです。

f:id:ishiyan_kin:20191104144330p:plain

実際は、数ミリの余裕ですが、案外力もいらずスルッとタイヤの外枠が入ります。

 

でも、やっぱり、はめるのは固いです。

いしやんは、パンク修理することはできるようになりました。しかし、まだまだ未熟です。スルッと入る時もあれば、なかなか入らない時もあります。

 

今のいしやんには、タイヤ外枠の最後のはめ込みは、ある程度の力が必要なようです。 

今日は4回ぐらい、タイヤをつけたり外したりしました。もう親指がジンジンしてきて痛くなりました。

 

まとめ

結局、自信をもってこうだぞ!と言い切れない形にはなってしまいましたが、

 

タイヤゴムのはめ込みは、どうしたらはまるのか理解とともに、実際に外したりはめたりの経験も、かなり必要ということがわかりました。

(いしやんは、いまだ自己記録の15分以内にはなってません。目標10分以内!)

 

先日、パンクを何度も経験し、どのようにしたらするっとはまるかについて分かった方いたので、その方にレクチャー受けてきたい思います。

 

  

 記事が面白かったらこちらもポチリとしてくださると励みになります。

ご意見、コメントもお待ちしています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村