いしやんロード

ロードバイクを初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報を発信します。

初心者こそビンディングペダルにしよう!ペダル踏み込みも楽になるよ。

応援のポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

こんにちは!毎日ロードバイクに乗るいしやんです。

 

皆さんビンディングシューズ履いてますか?

 

前にもビンディングシューズの記事を書きました。

(「まとめ」のところに記事リンク載せました。)

 

ビンディングシューズは足とペダルをつなぐもの。

ビンディングシューズを使うと、引き足も使えて同じ力で倍近く回せます。 

 

もっと調べていくと、引き足だけではなく、ペダルの踏み込みの時にも効率的になることもわかってきました。

 

今日は図解とともに、ビンディングシューズを履いた時のペダリング効果について書いていきたいと思います。

 

今日の記事を読むと

  • ビンディングペダルをつけている方が、つけてない時よりもはるかに効率的にペダルを回せる。
  • その結果、初心者こそビンディングペダルの方が良い。

ことが分かります。

 

 

ビンディングシューズを履くとペダリングが効率的になり楽になる。

f:id:ishiyan_kin:20191227181700j:plain

 

1.円運動での一番良い力の伝え方。

ビンディングシューズを履くことが良いことを解説する前に、ひとつ知識が必要です。

それは、円運動するものに対して力を伝える一番効率の良い方法についてです。

 

ペダルを回す時は円運動になります。

ペダルが一番上にある時に、真上から垂直に力をかけても全く回りません。

f:id:ishiyan_kin:20191227182342j:plain


ペダルが一番下にある時も同様で、真下から垂直に引き上げても全く回りません。f:id:ishiyan_kin:20191227182449j:plain

 

 

では、どのようにすると効率的に回せるのでしょうか? 

それは、「円周の接線上に沿って並行にペダルを回す

ことです。

 

ペダルが一番上にある時は次のように水平に押します。

f:id:ishiyan_kin:20191227183243j:plain

 

ペダルが一番下にある時は次のように水平に引きます。

 

f:id:ishiyan_kin:20191227183350j:plain

 

ペダルが途中にある時も、常に円の接線に対して水平に押したり引いたりします。

 

押す!

f:id:ishiyan_kin:20191227183946j:plain

引く!

f:id:ishiyan_kin:20191227184022j:plain

 

2.ビンディングシューズを使うことで効率の良い伝え方が使える。

ビンディングシューズを使うと、ペダルと靴の底がくっついた状態で回すことができます。

 

ペダルを踏み込む時は、前に漕ぐときは一番上から水平に力をかけます。

先ほどの図に足をのせてみましょう。

 

靴とペダルがくっついてないと①のペダルが一番上からの時に水平に回せないですよね

f:id:ishiyan_kin:20191227184526j:plain

 

引き足はペダルと靴がくっついてないと水平に引っ張り上げれないですよね。

f:id:ishiyan_kin:20191227184704j:plain

 

 

 3.ビンディングシューズと普通の靴で比較すると差が良くわかる。

 

ビンディングシューズの場合

f:id:ishiyan_kin:20191227184526j:plain


 

f:id:ishiyan_kin:20191227184704j:plain

①②③④⑤⑥全ての場面で、一番力が伝えたい方向に伝えられていることがわかります。

ロスがないですね。

 

普通の靴の場合 

f:id:ishiyan_kin:20191227202547j:plain

①②③の場面のみしか力が伝わっていないことがわかります。

(※前述の④⑤⑥は当然無理なので載せてないです。)

 

しかも①のペダルが一番上の時は、足首をまげて角度を少しでもつけないと回せません。力が逃げて弱くなります。

 

 もしくは、①の一番ペダルが上の時に角度を変えて押すのは難しいので②③の時のみ力を入れることが多いでしょう。

 

検討の結果、すぐにでもビンディングペダルを採用した方が良い。 

と思われます。

 

いかがでしょうか。

力を伝えられる場面

  • ビンディングペダルの時 ・・・ ①②③④⑤⑥の6場面。
  • 普通のペダルの時 ・・・ ②③の2場面のみ。

 

結果、ビンディングペダルの方が良い!と考えます。

 

おすすめのビンディングシューズ

ビンディングペダルはビンディングシューズとセットで考えます。

ビンディングシューズでメジャーなものには、Shimano製で2種類あります。

  • SPD-SL
  • SPD

です。

SPD-SLはスポーティで足の裏前部分全体でしっかりと足とペダルをつなぎます。

しかし、クリートが大きくて歩くには不向きですね。

 

一方SPDやクリートが小さくて歩くには最適です。

しかし、クリートが小さい分、足の裏とペダルとをつなぐ部分は小さいです。

その為か、若干心もとないです。

 

SPD-SLを普段履いている人がSPDを履くと「とれるんじゃないか?」と不安になるようです。

 

いしやんは、ずっとSPDですが、ペダリングの途中でとれたことは一度もないです。

 

どちらでも大丈夫だと思いますが、転ぶのが怖いようでしたら、SPDの方を選んだ方が無難でしょう。 

 

以下の記事でビンディングペダルやシューズのことに触れています。

もしよかったら、どうぞ!

 

www.ishiyan-kin.com

 

 

ママチャリにもビンディングペダルを採用すればいいじゃないの?

f:id:ishiyan_kin:20191227203812j:plain

ママチャリにもビンディングペダルを採用すれば、疲れなく漕げるようになると思います。 

しかし、問題が2つあると思ってます。

 

1.ビンディングペダルを使うには練習が必要。

ビンディングペダルではシューズとペダル常にくっついた状態にさせます。

外す練習をしておかないと、そのまま、「あ~れ~」と転んでしまいます。

※これを立ちごけと言います。

 

2.常にビンディングシューズを履かないといけない。

靴底とペダルをくっつけるには、靴の底にクリートといわれる金具がついている専用シューズを履く必要があります。

これをビンディングシューズと言います。

 

自転車専用のビンディングシューズが必要なのです。

 

ママチャリに乗る方は、

 

好きなスニーカーだったりサンダルだったり好きな履物で乗ります。

 

通勤・通学の方にも、ビンディングシューズを使っている人がいる

  • 練習が必要。
  • 専用の靴が必要。

という問題があり、短距離でママチャリの方にはビンディングシューズは必要なさそうですね。

 

でも、通勤・通学で自転車を使われている方には、

ロードバイクでなくてもビンディングシューズで通われている方もいます。

 

通勤時間(距離)と利便性を天秤にかけてビンディングシューズを選ばれてるのでしょうね。

 

個人的には、ばりばりのママチャリにSPD-SLって超クールって思います。(笑)

 

まとめ

f:id:ishiyan_kin:20191214100015j:plain

自転車をに乗る時、ビンディングシューズを履くといかに効率的にペダル回せるかを少しでも感じることができたかと思います。

 

いしやんは、「ビンディングシューズは一番最後に買うものだな。」と思ってました。

しかしそれは、間違ってました。

 

今は、ロードバイクを始めたらできるだけ早く準備して慣れておいた方が、楽に距離を伸ばしていくことができると考えています。

 

以前、100キロ走った時に

  • 普通の靴 ・・・ バテまくった。
  • ビンディングシューズ ・・・ 余裕しゃくしゃく。

は、半分は体力がついたおかげですが、もう半分は半分以上はビンディングペダルとシューズのおかげだと思ってます。

 

以前、記事を書いてますので、参考にどうぞ。 

www.ishiyan-kin.com

 

 以前、ビンディングシューズについて書いたの記事です。 

www.ishiyan-kin.com

 

 

 にほんブログ村に参加しています。

最後まで読んでくれたんだ。ありがとう!とうれしくなり、今後の励みとなります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村