いしやんロード

ロードバイクを初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報を発信します。

ロングライド100km以上の装備。全22点で200km以上を安心して走った。

応援のポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

こんにちは。毎日ロードバイクに乗るいしやんです。

 

ロードバイクでのロングライドに何を持って行きますか?

 

先日、人生初のロードバイクでの200kmライドしてきました。

前回では、スケジュールに余裕を持って行こうということを記事にしました。 

www.ishiyan-kin.com

 

さて今回では、200kmライドに当たって何を持って行ったかについて書いてみたいと思います。

 

これから、ロングライドを挑戦してみようと思われる方の参考になると思います。 

今日の記事を読むと
  • 100km以上のロングライドに何を持って行ったら良いのか

分かります。

 

それでは、行ってみたいと思います。

 

今回は、初心者向けのコースとしてとらえてください。

 

コースの状況はこんな感じです。 

  • コースはなるべく平たんの一本道(一部激坂あり)
  • 天候は晴れ
  • 気温は5~10℃(2月です)
  • 風速は0~10メートル

 

です。

 

もし、雨の日とか、山間部へ行くとなると装備が変わってくると思いますのでご注意を。

 

f:id:ishiyan_kin:20200210214848j:plain

  

持ち物は必要最低限に抑えてなるべく軽く持って行く。

100km以上の道のりのロングライド。

今回は、自らへの挑戦でもあったので200kmを挑戦しました。

 

不測の事態に備えて、いろいろな便利グッズを持って行きたくなります。

しかし、気持ちは分かりますが、ぐっとこらえて下さい。。

 

車でロングドライブだったら、 

  • 暇つぶし用の書籍、電子タブレット
  • どっち履こうか迷っちゃう、おしゃれ靴やスニーカー
  • 汗かいた時の着替え などなど

 いろいろと念を入れて準備したくなりますね。

 

自動車では、アクセル踏めま勝手に運んでくれるのでそれもアリです。

 

ところが、自転車の場合の動力は自分自身です。

これ便利そうと持って行くものも、使わなければただの荷物になります。

 

使わないものを100キロ、200キロ先まで持って行きたくないですよね。

 

つまり、厳選が必要になります。

 

それでは、厳選して実際に持って行ったものを書きたいと思います。

 

ロングライドに必要な全22点

1.サイクルウェア類

着るものとしては以下の通りです。

案外と少ないと思います。

①冬用ジャージ上下

一番上は冬用ジャージ上下を着ました。

冬用サイクルジャージ+レーパンにしようか悩みました。

 

ジャージの方がポケットが沢山ついていて収納と温度調節がやり易いのでジャージにしました。

ちなみに、次のが実際に着たジャージです。

耐水であり、前面は風を通しにくく、背面は通気性が良いです。

自転車に特化したジャージと言えます。

 

②裏起毛のインナーウェア

裏がもこもこになってあたたかいウェアです。

こちらの商品を着ました。

何より安さが一番でした。

それでいて、温かくて気に入ってます。

色落ち注意です。

一度インナーだけで洗濯した方がおすすめでした。

ネイビーとブラック使ってますが、特に問題なく使えてます。

 

③インナーパンツ

ジャージの下にはパッドはついていません。

長距離ライドにはパッドは必須なのでインナーパンツを履いていきました。

前にも紹介したパンツです。

安くて、フィット感が良いので気に入ってます。

 

 

2.身に付ける装備品

①ヘルメット

ロードバイクには必須アイテムです。

ヘルメットがあるおかげで安心して安全にライドできました。

ヘルメットは価格よりも自分の頭にフィットしているものを選んだ方が良いですね。

ずっとかぶっているものですからね。

 

②サングラス

こちらも必須アイテムですね。

目にゴミなんかも突如入ったりしますから。

 

こちらの記事で詳しく書いているので、時間がありましたらどうぞ。 

www.ishiyan-kin.com

 

途中ハプニングがあって、大事なサングラスを置いてきてしまった事件がありましたが、無事戻ってきました。 

  

③ネックウォーマー兼マスク

当日は、風が強く寒い日でした。

首回りの保温にもなりました。

口や鼻に直接風があたらないので、鼻水とか出ずに快適に走行できました。

 

④反射ベスト

自動車からすると、路上の隅を走っている自転車は見落とされることもあります。

自ら反射させて自己アピールが大事だと思ってます。

 

 

3.自転車に付ける装備品

①サイクルコンピューター

今何キロ走ったかわかるのでテンションキープの為にはとても重要です。

値段の割に画面が大きくて夜バックライトで見やすいのが気に入ってます。

 

②自転車ライト(2灯)

常に持っているのですが、今回は200km。

絶対に暗くなるので用意しておきました。

必須アイテムです。

 

③サドルバック(途中で落ちました)

しっかり固定するサドルバックが良いですね。

サドルバックは自転車のサドル後ろ側に付けます。

f:id:ishiyan_kin:20200208154828j:plain

こちらが、サドルバックの中身です。

f:id:ishiyan_kin:20200210101644j:plain

  • パンク修理キット
  • 予備チューブ
  • 工具
  • ヘッドライト

 が入っています。

 

パンクは良く発生するトラブルの一つなので使わなくても常備が必要ですね。

 

④ボトル2本

水を持って行きました。

通常は500ミリ1本ですが、今回は距離が長かったので2本付けていきました。

 

⑤携帯空気入れ

パンク修理時に使います。

自転車の外に取り付けられるタイプなので、ボトルの横に付けていつも走ってます。

 

4.バックパックと背中のポケットに入れてったもの

f:id:ishiyan_kin:20200210095208j:plain

実際にリュックに入れて持って行った物たちです。

これらを、リュックとジャージの背中ポケット分けて持って行きました。

①輪行袋

今回初めて持って行きました。

輪行袋は、自転車が壊れてしまった時、荷物として運べるように持って行きました。

 

使う場面がなくて良かったと思っています。

 

使う前にはしっかりと練習が必要です。

www.ishiyan-kin.com

もう一度やってみるので、その時は自分でやってみた時の注意点も載せますね。

 

②財布 

財布は必須アイテムです。

普段、長財布を使っている方は長距離の時は、小さな財布にした方が荷物が少なくて済みます。

 

中身は以下の通りです。

  • 現金2万円程度(小銭も1000円程度)
  • 保険証
  • クレジットカード1枚

 

まず、現金は重要です。

訪れる先が必ずしもカードが使えるとは限りません。

 

田舎だと、まだまだ現金しか取り扱えないお店はいっぱいです。

100円×キロ数分を持って行った方が良いとどこかで聞きました。

そこで、2万円程持って行きました。

 

小銭もあると、自販機等使う時に便利です。

 

保険証は、何かあった時に病院にかかる際に重要です。

保険証を持参してないと手続きが面倒になります。

 

③モバイルバッテリー

スマホを持って行ったので持って行きました。

スマホは地図替わりに持って行ったので、ところどころで使いました。

 

その為、スマホの充電がピンチになったのでモバイルバッテリーも使いました。

モバイルバッテリーが1つあると安心ですね。

 

④スマホ

スマホは重要ですね。

何かあった時の連絡手段になります。

 

そして、道に迷った時の確認手段にもなります。

しっかりと持ってい行った方が良いアイテムですね。

 

⑤ティッシュ

ティッシュは使いませんでした。

使わなくてほっとしてます。

 

何故持って行ったかというと緊急事態用です。

 

トイレも何もないところで、もよおしてしまった場合。

するしかないですね。のっぱらで。笑

 

⑥チェーンロックと鍵

ロードバイクは高価な自転車です。

よく盗まれたりします。

 

自己防衛の為にもチェーンロックは必要です。

コンビニ休憩や観光の時に役立ちました。

 

何よりも心の安心ですね。

まぁ、実は、チェーンロックしても盗まれる時は盗まれるものです。

でも、ひょいッと持って行かれてるなんて悔しいではありませんか。

 

何事も最善を尽くしておいた方が良いですね。

 

⑦補給食

補給食を多めに持って行きました。

エナジーバー5本とゼリー5個です。

 

途中で買えばよいと思ってて、こんなに持って行く予定ではなかったです。

しかし、結果良かったです。

 

コンビニでも買い足しましたけど、ほぼ全部途中で食べてしまいました。

 

疲れてきた時に、ちょうど良くコンビニはなく、そうした時に補給食を食べると元気がでます。

 

持って行った量は、ちょうどよい量でした。

 

⑧サドルバック(※本来リュックに入れない)

本来であれば、サドルの後ろに付けるバックです。

バックの取り付けが貧弱で今にも落ちそうになってました。

その為、荷物となってしまったのでした。

f:id:ishiyan_kin:20200208155016j:plain

前回の記事でなんでこうなっちゃった書いています。

時間があればどうぞご覧ください。 

www.ishiyan-kin.com

 

総重量は、全部合わせて、1800グラムでした。

お土産を200グラムのお菓子と小物買ったので帰りは2キロ近くになりました。

 

今後追加でも持って行った方が良いもの

今回持って行って、これは不要だったというものはありませんでした。

しかし、今後は必要なものがでてきたのでそれを書きます。

①固定がしっかりした大き目のサドルバック

今回、段差が多い道も通ったので簡易的なサドルバックでは脱落する危険があることがわかりました。

固定がしっかりできるサドルバックを持って行こうと思います。

 

②バックミラー

通行中何度も後ろを振り返ることがありました。

後方確認は大事なのですがバックミラーがついていると後方確認が楽になると思いました。

 

是非次までに用意したいと思います。

 

③チェーンカッターと予備のコネクトピン

チェーンカッターとコネクトピンの携行を忘れました。

チェーンは新品で切れるリスクは少なかったですが、切れるとパンクと並んで走行不可能になります。

 

次までに持って行けるようにしたいと思います。

 

まとめ

まとめると 

  • ウェア類3点
  • 身に着けるものはヘルメット等4点
  • 自転車に付けるライト、ボトル等5点
  • リュックとその中の荷物7点
  • 追加で持って行くとより快適になるアイテム3点

合計22点が必要な携行品でした。

詳しくは纏め欄には書ききれないので文中詳細をご参照下さい。

 

次回は、大き目のサドルバックを購入しようと思います。

サドルバックに携行品を入れてリュックのものを少なくしたいと考えています。

体にかかる負担を今よりも少なくする方がもっと楽にロングライドできそうですからね。

 

今日の少しでも、ロングライドの参考になっていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村に参加しています。 

今日の記事が役立った!

と思われたら以下アイコンをクリックお願いします。

読んでもらったということがわかり、とても励みになります。

↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村