安全運転

【歩道は自転車の天敵が潜む】ルールを守って車道を走るのが一番良さそう

いしやん
いしやん

みなさんは、

自転車で車道を走ってますか?

歩道を走ってますか?

サイクリングへ行ってきましたが、1日中「歩道右側通行]でサイクリングをしきました。
これを書くと車道を走ろうよ!となるのですが、いっしょに走った方は70歳以上の高齢者です。70歳の方は歩道走っても良いのです。(自転車安全利用5則より)

こんな、いっしょに走る場合どうするんでしょうね。。。

それは、置いときまして、今日は、「自転車で走る時は、車道を左側通行で走る」が一番良いことを今日の記事では書きたいと思います。歩道は歩行者に危険が及ぶことに加え、自転車にとっても都合の悪いものが仕掛けられています

自転車で、車道を走るべきか。それとも、歩道を走るべきか迷いますよね。ルール的には車道と分かっていても、時速40キロ以上でそばを横切られても怖いですものね。

今日は道交法は当然として、改めて自転車は車道が良いなぁと結論に至りましたので、思ったことを書いていきたいと思います。

いつもは、車道左側通行ですが、今日は歩道右側通行で行ってきました。

※田舎道をゆっくりスピードの右側通行で。。。

今日は、サイクリングのお誘いがあり、2人でその辺うろうろしてきました。自分はロードバイク、相手の方はクロスバイクでした。

今日は、その相手の方のゆっくりスピードでついていくような感じで行ってきました。
※一人でスピード出すときは、当然車道左側通行をします。

歩道を走るのは、道路交通法的には例外を除き、間違ってます。

しかし現実は、学生さん人気のクロスバイクや婦人乗り自転車(通称:ママチャリ)の方々は、歩行者の延長のような気持ちで走るのか歩道を走るのをよく見かけます。

歩道には車道にはない意外な3つの障害物

f:id:ishiyan_kin:20191031201407j:plain

歩行者

歩道には、読んで字のごとく、歩行者がいます。歩行者を後ろを追い抜く時、急に予期せぬ方向に動いたりするので、どきどきしますね。

急にひょっこりでてきたりするとロードバイクのようなスピードがでる乗り物だとよけきれないと思いました。ケガさせた日には高い確率で自転車の方が悪いとなります。

電柱やポール

電柱類は、ガードレールの内側に設置されています。自転車で走っていると常に気を張ってないとぶつかりそうになりますね。

また、道の真ん中に、自転車や自動車侵入を防止する為のポール類がにょきっと生えてたりします。

これも常に気にしてないとぶつかってけがの元になりそうでした。

草むらや砂利 

足元には、砂利やガラス片などがいっぱいありました。踏んづけるたびにそれを横に飛ばしてしまい危ないなぁと思いました。

草むらなんかも足元や歩道脇から生えていてその中に突起物でパンクさせてはかなわないと思い気を使いました。 

草むらは、ほんとパンクの原因となります。パンクに遭遇すると大変なことになります。

今日のサイクリング相手の方は、「パンクばっかりするんだよね」なんておっしゃってました。

街中の綺麗な道ならともかく、田舎道の場合は、このような異物がいっぱいあるので自転車にダメージ受けやすい為なんだろうなと思いました。

車道で怖いのはすぐ横を突っ走る自動車 

f:id:ishiyan_kin:20191031201627j:plain

歩道には、自転車にとって都合の悪い障害物が多いことがわかりました。
そう考えると車道がいいな。と思って車道を走ってると自動車が追い抜くとき怖いなぁ。と感じることがあります。

確かに歩道の外側につき、ガードレールでは守られていないません。

自動車にはねられるのではないかという不安はあります。

特にバスやトレーラー等、大きな車に追い越させるときはドキドキですよね。

邪魔で車に悪いなぁと思い、歩道に入ったり、車道に戻ったりしちゃったりすることがあります。

これは、車から見ると、また急に車道にでてきたみたいになり、逆に危ない時があります。

(交通量が多く明らか邪魔とか、大型車が多い場合は、敢えて歩道をゆっくり走るもしくは引いて歩くはありだと思います。)

意識して車道を走るようにして、車の追い抜きには慣れてくしかないのかなと思います。

しっかりよけてもらうと、あまり怖くありません。これには自分を目立たせること。私の場合は、あえて派手な上着やサイクルジャージを着たりします。
夜の場合は、いろいろな反射板や光るものをつけて走ってます。反射板よりも、点滅するテールランプの方が、自動車が気づいてくれます。

なるべく早く気づいてもらうことが大事で、光るものが多くなればなるほど、大きくよけてくれるなぁと感じます。

点滅するテールランプを付けるとクルマも気づいて安全に走れる

自分の存在をしっかりアピールすることは、車道を安全に走行する上で欠かせません。アピールすると良いのは点滅するライトが一番良いでしょう。買って良かったものを2つご紹介します。

1回のUSB充電で90時間点灯可能なテールランプ

≫ テールランプの説明動画

いしやん
いしやん

USB充電で何度も使えるのが便利です。

90時間は夜だけ付けると1週間以上持つから心強い

昼間に太陽光で充電するから、実質手間いらずで永久に使えるライト

よみ
よみ

ソーラーだから、充電不要なのが良いね。

それもワンコインで買えるし

いしやん
いしやん

壊れた時用のサブランプとして

いっしょに付けておくと便利だね

自分を目立たせて車道を走ろう:歩道も案外あぶない

今日の記事でわかったこと
  • 歩道は歩行者や障害物があり自転車にとっては危ない
  • 安全を確保して車道を走れば怖くない
  • 点滅するテールランプで自分を守ろう

となりました。車道を走る方が総合的にみて安全そうです。

おまけ

ビックサンダーというお菓子知ってますか?ビックサンダーあん巻きというものがあったので食べてきました。

お菓子と同じく、おいしかったです。

中身はあんではなく、完全にチョコレートでしたが。。。(あんまきにあらず。笑)

交通ルールも大事ですが、車道や歩道がカオスなのも事実です。

ABOUT ME
いしやん
ロングライド大好きなロードバイク乗りです。 2020年・2021年は日本の有名な一周を制覇する旅「サイクルボール」の全コースを走破しました。その距離は約3000キロです。 そこで培ったロングライドを快適に走る方法や、ロードバイクの始め方など発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA