ブックレビュー

ブックレビュー!『雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】アウトプットを意識してインプットしよう』

  • もっと雑談ネタがあれば、沈黙で気まずくならないのに・・・
  • 話題を豊富にしたいけど、どんな本を読んでよいかわからない
  • ちょっとおもしろい話で、気になるあの人と楽しくお話したい

と、人とのちょっとしたコミュニケーションで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

私も、おなじ悩みを少なからずもってます。

そんな私をぐっと惹きつける本をみつけました。
その本の名前は、雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】

今日の記事を読むと、本日ご紹介する本により、すぐに使える形で雑談ネタを頭の中にインプットできます。

読んだその日から雑談ネタを披露できるようになります。コミュニケーションが、より円滑になるでしょう

それでは、本文に入ります。

\ 初月無料のKindle Unlimitedなら無料で読めます! /

 
 

雑談のネタになる本なの?

 
 

うん、雑談ネタを使える形で覚えられる本みたいなんだ。

今日は、この本を紹介して、良い点、イマイチな点を書きます!

 
 

はじめての書評がんばってね!

「雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】」の概要と良かったこと

まずは本書の良いところ4つをご紹介します。

  • 日付+雑談ネタで覚えやすい
  • 読みやすく、区切りもつけやすい
  • 1時間で完読できるという読みやすいボリューム
  • 本書だけで雑談ネタを自分のものにできる

それぞれ解説します

日付+雑談ネタで覚えやすい

本書の構成の特徴は、日付順に雑談ネタが紹介されてます。

例えば、「○月△日といえば、☓☓という雑談ネタ。詳しい紹介は、書籍□□で!」
こんな感じです。

本書は、【1月編】ということなので、1月1日~31日までの31の雑談ネタが紹介されてました。日付と雑談ネタが組み合わせられていると、覚えやすく、使いやすいのです。

例えば、

 
 

もう年の瀬ね。お正月はもうすぐね!

 
 

お正月といえば1月1日。みんな初詣行くよね。

初詣はいつからはじまったか知っている?

 
 

いつだろう?きっと昔からだよね!

鎌倉時代?平安時代かな?

 
 

正解は「明治時代だよ。

今から130年前に東海道本線が開通してからなんだよ!

 
 

えっ、意外と最近なんだね

実際の例です。本書では、次のような形で紹介さていました。

1月1日に読む本は「鉄道が変えた社寺参詣ー初詣は鉄道とともに生まれ育った」平山昇

「1月1日は初詣に出かける日」

どんな本?

1月1日に、初詣に出かける人は多いだろう。日本の伝統行事のような印象があるかもしれない。しかし、初詣が一般的になったのは、鉄道(東海道本線)が開通してからだ。・・・

『雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介』より

いきなり初詣と鉄道の話をすると、話をされた方も困惑します。そこで、1月1日と初詣をセットにすることで、話をする方は日付をトリガに自然に話題を振ることができます。そして、話を振られた方も、すっと内容が頭に入ってきます。

本書には、「アウトプットを意識してインプットしよう」という副題が付けられています。
この真意は、「いつ出すのか」が明快な雑談ネタをストックしてほしいことから、日付とのセットを考えられたようです。

毎日、日替わりで話す場面。例えば、毎朝の朝礼などで話のネタを考えるときにもとても参考になるのではないかと思いました。

読みやすく、区切りもつけやすい

1月1日の次は1月2日のエピソードを2・3ページ使って紹介という構成になってます。本書は1月編です。31のエピソードが書かれていました。

エピソード1つづつの構成は次のとおりです。

  1. 本の紹介
  2. 日付と本にまつわるエピソード
  3. 著者の本を読んだ感想
  4. 詳しい書籍情報

型が決まっているので読みやすく、
1日あたり2ページほどのボリュームで区切りもつけやすいです。

1時間で完読できるという読みやすいボリューム

全てのページ数も113ページでした。私は1時間で完読できました。すばやく雑談ネタを収集するにはちょうど良いボリュームです。

普段、忙しくて、まとまった時間もすこししか取れない。そんな方に最適と思いました。

本書だけで雑談ネタを自分のものにできる

何よりうれしいのが「日付と本にまつわるエピソード」と「著者の本を読んだ感想」です。著者が紹介本の要訳をほどよく伝えてくれるので、雑談ネタを効率よく仕入れることができます。

つまり、ご紹介の本を読まなくてもアウトプットできる雑談ネタを獲得することができます。

もちろん、紹介本を読むことで、雑談ネタをさらに洗練することもできるでしょう

著者「ブックレコメンド」について

ブックレコメンドは、本を紹介するウェブメディアです。生身の人間が、実際に本を読んでオススメしています。

本を読んでオススメするのは当たり前と思うかもしれません。実は本を紹介するウェブメディアの多くはAIで効率化しているところが多いです。AIは優秀ですが、どうしても無機質になりがちです。

そんななか、生身の人間のレコメンドにこだわり、人の温かみある本の紹介をされているのはとても貴重だと思いました。
≫ブックレコメンドのサイト概要

\ 初月無料のKindle Unlimitedなら無料で読めます! /

「雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】」のがんばってほしい点

本書を読んで、もう少しがんばってほしい点もありました。
それは、次の2点です。

  • 【2月編】以降を、はやく出版してほしい
  • 紹介されている本に、Kindle Unlimitedの本がすくない

【2月編】以降を、はやく出版してほしい

本書は【1月編】なので、1月31日までの雑談ネタです。
しかし、現在は2月。今に使える雑談がないので続きが気になってます。

【2月編】以降の出版が待ち遠しいです。

ただ、そう遠くない未来に続編は出てきそうです。ブックレコメンドでは、「今日読む本は」で、1月以外の本のネタを集めています。

紹介されている本に、Kindle Unlimitedの本がすくない

雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】』の中で紹介されている本は、少し昔の文庫本が多いです。

これら文庫本は、Kindle Unlimitedの対象になってないのが惜しいなぁと思ってます。

雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】』はKindle Unlimitedで読めるのがうれしいので、その勢いのまま、読み放題で読める紹介本がもっとあれば良いのにと思いました。

まとめ

今日は、『雑談ネタになる!今日読む本を日替わりで紹介【1月編】』をご紹介しました。
4つの良い点がありました。

  • 日付+雑談ネタで覚えやすい
  • 読みやすく、区切りもつけやすい
  • 1時間で完読できるという読みやすいボリューム
  • 本書だけで雑談ネタを自分のものにできる

本書を読んだことで、私は、数多くの雑談ネタを手に入れることができました。

惜しい点は次の2点です。

  • 【2月編】以降を、はやく出版してほしい
  • 紹介されている本に、Kindle Unlimitedの本がすくない

【2月編】以降の早期出版と改善を期待したいとおもいます!

\ 初月無料のKindle Unlimitedなら無料で読めます! /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA