ロードバイク初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報。

こんにちは。いしやんです!ロードバイク初心者です。毎日乗っている中で、学んだおすすめ情報を随時、発信していきます。

チェーン交換は自分でやってみる!(3)プロはたった15分で修理完了させたよ。

こんにちは、毎日ロードバイク乗るいしやんです。

 

ロードバイクのチェーンが遂になおりました!!

 

ロードバイクをある程度の距離を乗っているとチェーンが金属疲労により伸びてきます。

 

チェーンの金属疲労が悪化すると最悪、走っている途中で切れてしまいます。

それはいやだな!!と思い、自力で替えることにチャレンジ!しました!

www.ishiyan-kin.com

 

 

しかし、残念ながら失敗しました! 

www.ishiyan-kin.com

 

 

もう、散々な状況でした。

 

どうすることもできなくなったので、プロである馴染みの自転車屋さんお願いすることにしました。

 

結果から言うと、プロの手にかかると

たった15分で修理完了!

となりました。

 

いしやんは、 

  • さすがプロ! 嬉 ↑ ↑ ↑ ↑
  • でも、なんか自分が情けない。泣 ↓ ↓ ↓ ↓

 

とうれしいのですが、内心とても複雑です。

 

今日はどのように修理したかの図解も含めながら、初心者がロードバイクのチェーン交換する時に、どのような点について注意すべきか書いていきたいと思います。 

今日の記事を読むと、ロードバイクのチェーン交換は、

  • 自分でチェーン交換するのはチャレンジする価値がある!
  • 最初からうまくいかなくて当たり前!
  • なるべく自転車屋さんの営業時間にやろう!

ということがわかります。

 

それでは、行ってみたいと思います。

f:id:ishiyan_kin:20200106014242j:plain

 

 

失敗に至る過程をざっくり説明。

先ほどにもリンクを載せましたが、いしやんの新品チェーンはズタボロです。

 

コネクティングピンを押し込んでみたものの・・・・

f:id:ishiyan_kin:20200106012851j:plain

 

押しが足りず飛び出ている。

f:id:ishiyan_kin:20200106013201j:plain

 

反対側から見ると、完全にはハマってない・・・。

f:id:ishiyan_kin:20200106013333j:plain

 

この後、何回も押し込んだり、ペンチで挟んだりしましたが状況は変わりませんでした。 

 

後に残ったのは、 

  • 取り外した古いチェーン。
  • 新しいチェーンのきれっぱし。
  • コネクティングピンの余り2個。

 となりました。

 

コネクティングピン挿入失敗。チェーンのプレートも歪んでしまった!

f:id:ishiyan_kin:20200108002617j:plain

半べそ状態で、プロに診てもらいました。

 

どうやら、無理やりねじ込んだりした影響で、つなげようとしたプレートが歪んでしまったようです。

もう、使用不能のようでした。

 

ダメになった部分だけ取っ払って、接続すればつながります。

しかし、チェーンには適正な長さというものがあります。

 

短くなったチェーンでは、ローのギアは入らないと思われます。

 

ローが入らないロードバイクは嫌だ~!! 

 

そこで、いしやんは聞かれました。

 

「新しいチェーンを短くしたときの、きれっぱしはあるか?」

 

新しいチェーンは余長があり、適正な長さに切って使います。

前回、赤丸のところで切りました。

f:id:ishiyan_kin:20200106012026j:plain

 

 切れっぱしが残っているのでした。

f:id:ishiyan_kin:20200107212239j:plain

 

 

希望の光です! 

 

切れっぱしと残り2つのコネクティングピンを使って修復完了!

f:id:ishiyan_kin:20200107214710j:plain

修復に取った方法は、

  1. 歪んだパーツ部分を取り除く
  2. 切れっぱし部分で置き換える。
  3. 残り2つのコネクティングピンで止める。

を行いました。

 

上のような感じです。

伝わったかな・・・?

 

結構な荒業でした。

 

最善の方法で、スイスイっとやるところが

さすがプロって感じです。

 

追加パーツの購入無しで解決しました。

 

チェーンやピンを新たに買うことを覚悟していたので、

思った以上に出費がでなくてよかった~です。

 

こうすれば失敗しなかったかも。

f:id:ishiyan_kin:20200108002739j:plain

失敗した原因にもまとめていきたいと思います。

 

1.事前に自分の持っているチェーンカッターの使い方を熟知しておくべき。

失敗に直結した一番の原因は、工具の使い方を正しく理解していなかったことだと思います。

 

その為、1回目のピンはポキッと折れました。

2回目も多少コツをつかんだものの、正しい使い方ではなかったのでプレートを曲げてしまいました。

 

チェーンカッターは、いろいろな形状があるのです。

例えば

<Amazon 1000円未満>

 

<Amazon 1000円台>

 

<Amazon 2000円台>

 

<Amazon 3000円台>

いしやん、この純正品を買おうと思ってる。
調べると6速~11速まで対応。
評価もあるし、丈夫のようだ。
今回の件で本当に懲りたよ。

 

Amazon4000円台(番外編)

ちょっと高いけど、これも欲しいと思ってる。
工具と一体型で保証付き。
常のもち運びと緊急用に良いね!
 

 

 いしやんが言いたいのは、全部、形が違うでしょ?

ってことです。

 

基本の使い方は同じかもしれないけど、初めて使う人にとってはよくわからないです。

一番良いのは、プロの自転車屋さんに聞いてみるが一番ですね!

 

(もしかしてもしかしたら、自分でやらなくても安くやってあげるよ~~と説得されるかもですが、うまく断りましょう。笑)

 

2.高くてもブランドのチェーンカッターを購入しておく。

チェーンカッターは前回買ったオールインワンセットから使いました。

 

このチェーンカッターは若干規格ギリギリのようでした。

使えなくはないレベルでしたが、初心者にとっては使いづらかったかもしれないです。

 

初心者いしやんは、シマノ純正品のチェーンカッターを実店舗で購入した方が良かったかもしれません。

オンラインショップと比べると実店舗の方が多少価格は高いですが、いろいろ相談できるのはいいですね。

 

 

3.作業は素手で行うこと。

動画やWEBサイトでは、「手がよごれないように、手袋をしましょう~!」と言われてる方多いです。

しかし、初心者にとっては、「そんなこと言ってる場合じゃないよ!」という状態でした。

 

手袋をすると、うまくチェーンをつかめません、はさめません!

はじめてだと、感覚がうまくつかめないんですね。

 

思ったのは、手袋するのは作業に慣れてからで良い。

最初の数回は、素手でやりましょう!ってことです。

 

素手の方が上達すると思いました。自転車屋さんも素手でやってたしね。

 

4.落ち着いて作業する。無理に押し込むことは絶対しない。

いしやんは、途中うまく行かないことに焦ってました。

なので、途中、グリグリピンをねじ込んでいました。

 

焦っても状況は良くなりません。

落ち着いて確実に作業しましょう!

 

失敗しやすいので、自転車店の営業時間にやるべし

失敗する可能性をゼロにはできない。

どんなに準備しても、初めてのことなので失敗することはあります。

今回は変に自分を追い込んでいました。

 

  • 自分ならできる!
  • 正月期間だから失敗したら終わりだぞ!
  • 失敗したら自転車乗れなくなるぞ!

 

こんな追い込み不要です。

変なプレッシャーは邪魔者でしかないです。

 

落ち着いた環境で作業をしましょう!

 

そして、失敗したら、プロの自転車屋さんに駆け込みましょう!

 

自転車屋さんの失敗談

店員さんと話をすると、プロでも、いまだに失敗があるようです。

 

過去に、チェーンをなおしたけど外れちゃったと連絡があり、30キロ先まで出向いてもう一回なおしたんだとか・・・。

 

お金払ってやってますからね。

これこそ、プロですね~!

かっこいいと思いました。

 

以上、総合すると失敗することを前提で考えた方が良さそうですね。

 

お金だけで見るなら、部品から作業からプロにお任せが一番安いが・・。

お金面、工数面だけで見ればプロお任せが一番安上がりです。

 

お金面、工数面を重要視される方は、ショップ一括委任をお勧めします。

 

しかし、自分でチャレンジすることはお金以外で良いことがあります。

 

自分でやってみると、お金では買えない経験を得てトラブルに強くなれる。

経験というのは、お金で買うことは難しいです。

一度失敗しておくと、次は失敗しないようにと練習もできます。

 

そして、こんなこともできるようになると思います。

  • 自分でチェーン交換ができるようになる。
  • ツーリング途中でチェーン切れでの復旧。
  • リアディレイラーが壊れた時のシングル化

 

3番目の「シングル化」は、できるとできないとでは大違いです。

 

シングル化はリアディレイラー(後輪の変速機)からチェーンを抜いて、後ろのギアのどれかと前のギアを直接つなぐ荒業です。

 

いわばギアが一つしかないママチャリ状態にすることです。

 

特にロードバイクで遠出をする人は是非とも身に着けたいテクニックだと思います。

 

なぜなら、

リアディレイラー(後輪の変速機)は急に壊れることがあります!

 

ユーチューバーである荒北仮面さんも急に壊れてしまってます!(2:20~)

 

真冬の道のど真ん中で・・・

自分なら泣いちゃいます。


【悲報】荒北仮面ロードバイク大破で愛機を降りる⁉🚴Bianchi Via Nirone 7🇮🇹童貞悪魔が単独事故で逝く👿愛機の誕生日前に事故しちった🎭オワコン動画説

 

この場合は、タイヤのスポークが折れているので更に重症です。

しかし、チェーンカッターやミッシングリンクがあって「シングル化」ができれば自転車を漕いで帰ることができたかもしれません。

 

以下はシングル化の具体的な方法です。(1:00~)

(こんなに落ち着いてできるかどうかですが・・・)


ロードバイクのリアディレイラーが壊れてしまった時の対処法!【シングル化】

 

古いチェーンでチェーン交換の練習するよ。

いしやんは、これから古いチェーンでチェーンの脱着練習しようと思います。

いつか訪れる不測の事態の為に!!! 

 

まとめ 

ここまでの話をまとめると

チェーン交換を自分でやることに対しては、

  • しっかりとしたチェーンカッターを準備し、使い方を予習しておこう。
  • チェーン交換は上手く行かないことを前提で考えよう。
  • 自転車屋さんの営業時間内にトライしよう(失敗したとき助けてもらうために)
  • 自分でやることで今後の不測のトラブルに強くなれる。

ことがご理解いただけると嬉しいです。

 

備えあれば憂いなしです。

ロードバイクがもっと楽しくなると思います!

 

にほんブログ村に参加しています。 

最後まで読んでくれたんだ。ありがとう!とうれしくなり、今後の励みとなります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村