いしやんロード

ロードバイクを初心者が、毎日乗って学んだおすすめ情報を発信します。

自転車の右側通行が多いのは、学校で「歩道の右側を走ろう」と教わっているからかも

こんにちは、毎日ロードバイクに乗るいしやんです。

 

さてみなさん、今まさにロードバイクで道路を走っているとします。
そこで、反対車線の歩道で自転車が走っているのを見たらどう思いますか?

 

ロードバイクに乗られている方の多くは、

「歩道走るのは、おかしいよね。車道の左側が普通だよね!」

と答えるかもです。

 

一方でママチャリに乗られている方、子どものみさんはどう思ってるんでしょうね?

「右側通行だよ!」

「どっちでもいいじゃないの?」

なんて、反論されちゃうかもです。

 

「車は左、人は右」は小学生でも習って知っています。

廊下も右側を歩こうは耳にタコができるくらい聞いてます。

 

日本は、こういうルールには厳しいはずです。

 

事実、自転車は車道を走ったり歩道を走ったりと、なんで自転車ってこうも中途半端なんでしょうか?

 

これにはきっと何か理由がある!

 

そう考えて調べていくと、日本独特のややこしい事情が浮かび上がってきました。(笑)

 

今日は、何故、「車は左、人は右」が浸透しているのに、自転車はそうではないか

書いていきたいと思います。

 

今日の記事を読むと、自転車については

  • 車道を走るのが原則だが、例外的に歩道を走ることが認められている。
  • 車道を走る時は左側通行が鉄則ルール(車道右側通行はグーパンチです!)
  • 歩道を走る時は右通行左通行どっちでもいい(でも車道寄りを走る)
  • 学校で「自転車は歩道を右側通行」と教わっているので、今でも歩道を走っている人が多い可能性大。

が分かります。

では行ってみたいと思います。

 

 

自転車は歩行者の仲間である。

f:id:ishiyan_kin:20200110121903j:plain

自転車は、歩行者の一部でしょうか、自動車の一部でしょうか?

このように聞くと、

 

「自転車は軽車両。

だから、自動車の仲間だよね。」

 

という意見があろうかと思います。

その一方で、

 

「自転車は、歩行者の便利アイテム。

だから、歩行者の仲間だよね」

 

という意見もあるかもしれません。

 

自転車は確かに軽車両なので自動車の部類になるのですが、

実はそうも単純でなさそうです。

 

道路交通法上のびみょ~な自転車の位置づけ

道路交通法の17条にはしっかり、自転車は「車道走る」と明記されてます。

 

しかし、63条の4に例外的に歩道も通って良しとなってます。

 

この、例外が極めて広いのが曲者です。

 

どういうわけか、歩道で自転車は共存できており、歩行者の一部かのように扱われています。

 

例外事項がいっぱいの自転車安全利用五則

警視庁が定めた「自転車安全利用五則」というものがあります。

法律をベースに書かれています。

 

自転車はを運転する人は「この5個を守れば大丈夫よ

とまとめられたものです。

 

左側通行、右側通行の議論はこの5則のうち1,2,3則を紐解かないといけません。

では、さっそく紐解いていきましょう。

 

一番重要!車道を走る時は左側通行を厳守のこと。

f:id:ishiyan_kin:20200110122130j:plain

自転車安全利用五則の2番目に書かれています。

本当はこれを1番目にしてほしいぐらいです。

 

自転車が車道の右を走るのは、車やバイクが右側通行するのと同じです。

逆走は大変きけんですよね!

グーパンチものです。

 

自転車は歩道にいる時は、どっちの方向に走っても良い。

f:id:ishiyan_kin:20200110122350j:plain

自転車安全利用五則の1番目では、「自転車は車道を走行するが原則。歩道は例外的に走行可」と定められています。

 

この歩道の例外が、めちゃくちゃ範囲が広いのです。

 

例外その1:「普通自転車交通許可」の標識があるところです。

f:id:ishiyan_kin:20200110113452j:plain

必ずや1度は見たことがある標識だと思います。

この標識があるところでは自転車も走って良いのです。

 

例外その2:13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、体が不自由な人。

 

これも分かります。

しかし、13歳未満の子どもというところが一番問題になってきます。

(何故かは後で書きます。)

 

例外その3:道路工事等で通れない時等、危ない時、やむをえない時。

 

これも分かります。しょうがないですよね。 

 

学校では、「自転車も右側通行で歩道を走りましょう」と教わっている。

f:id:ishiyan_kin:20200110122526j:plain

一番問題とと思っている箇所です。

 

小学生は、先ほどの例外事項「13未満の人は自転車で歩道を走っても良い」をから自転車人生がスタートします。

 

教わるのは、恐らく小学生1年生くらいからでしょう。

 

正しく教えると

「自転車は車道を左側通行が基本だよ。でも、まだ13歳未満だから、例外的に歩道をどっち向きでも走っていいよ。」

と言ったところで、教わる子どもはチンプンカンプンでしょう。

 

教えた先生も、生徒が「車道を走るのが基本なんだ」と考え、自転車でガンガン車道を走られても困ってしまいます。

そして、何よりも事故にあったら大変です。

 

情報はシンプルな程良いと言います。

 

そこで、学校では、

自転車も歩行者と同じように、歩道を右側通行しましょう!

と教えているようです。

 

そして、中学生になったタイミングで、

今までは例外扱いだったんだよ!これからは車道の左側走ってね!

と教えてくれればいいのですが、それは無いようです。

何故かはわかりません。

 

だから、右側通行の人が多いのだと思います。

 

実際に子どもに聞いても「歩道右側」という答えだった。

f:id:ishiyan_kin:20200110122950j:plain

うそだぁ~と思って、小学生、中学生の子ども(うちの子です。)にも聞いてみました。

 

そしたら、平然と

 

「自転車は、歩道右側だよ。」(小学生)

「右かなぁ。そう習ってそのままだよ。」(中学生)

 

てな感じでした。

 

30年前の頃を振り返ると同じかも。

f:id:ishiyan_kin:20200110123121j:plain

いしやんが、まだ小学生だったころから振り返ってみても

  • 小学生・・・歩道を走ってたな。
  • 中学生・・・歩道を走ってたな。
  • 高校生・・・車道や歩道を走ってたな。(この頃、車道左側をなんとなく知りだした)

でした。

みなさんはどうでしたでしょうか?

 

付け加え:歩道を走る時は車道側を走ること。

本当は付け加えでもなんでもないです。

自転車安全利用五則の3番目のルールになります。

 

自転車は歩行者を脅かしてはいけません。

その為、歩道を走る時は車道に近い方を走りましょうとなっています。

具体的には、

  • 左側車線の歩道の時・・・自転車は右側よりを走る。
  • 右側車線の歩道の時・・・自転車は左側よりを走る。

になります。

 

まとめ

f:id:ishiyan_kin:20191225122440j:plain

今日の中で、自転車は

  • 車道を走ると決められているが、例外的に歩道も走れるようになっている。
  • 車道を走る時は、左側通行は鉄則ルール(車道右側通行は車の逆走と同じくらい危険。)
  • でも学校では自転車は歩道を右側通行と教えている。
  • 誰も正式ルールを教わるタイミングがないので、子どもの頃のルールのまま歩道を右側通行で走っている。

 

ことがお分かりいただけましたでしょうか。

ロードバイクに乗ると交通ルールの意識が高くなり、かたくなに「車道左側」とおっしゃる方が多くなります。

 

しかし、右側を走っている方には、右側を走る理由があると考えるて突き詰めてくと新たな発見があった次第です。

 

にほんブログ村に参加しています。 

最後まで読んでくれたんだ。ありがとう!とうれしくなり、今後の励みとなります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

以下の記事は逆のこと言ってます。

まだまだ、修行が足りないかな。 

www.ishiyan-kin.com